省エネルギー&快適な住まい Energy saving & Comfortable

省エネルギー化を実現し快適な住まいをつくるには、自然と環境に配慮した建築計画を行い、断熱・通風をしっかり設けることが必要です。

石油の枯渇などの世界的なエネルギー事情、オゾン層の破壊、原発問題など快適な暮らしのために小さくない犠牲を払わなければなりません。

可能ならば、自分で使うエネルギーは自分のところで賄えるのが最高なのは間違いないことでしょう。

中でも太陽熱利用(ソーラーシステム等)は最も注目されている技術ですが、コストと性能のバランスを考えながら積極的に導入を計っていきます。

大切な断熱性能

夏の暑い日、クーラーをつけているのに中々涼しくならない。冬の寒い日、暖房しているのに中々暖かくならない。

断熱性や気密性が軽視されたこれまでの家は、暖房や冷房のエネルギーを壁や窓から大気へ捨てながら暮らしています。

ソーラーシステムや冷暖房設備にいくらお金をかけても、肝心の断熱性能が低ければお金と資源の無駄遣いになります。

ジョイホームでは一般的な断熱(グラスウール)・遮熱の工法よりも高い性能を持つ方法で施工しております。

水で発砲する断熱材 アクアフォーム
アクアフォーム(水で発砲する断熱材)は住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発砲による断熱工事です。
断熱材
無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性をおおいに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。
その他にも、構造体との自己接着力により、建物の強度を向上させたり、硬質ウレタンフォームの隙間のない施工で高い気密性を実現し、細かな気泡構造は吸音性にも優れています。
もちろん、オゾン層破壊の原因となるフロンやホルムアルデヒドなどの有害な化学物質は含んでおりません。
アルミ蒸着 遮熱・透湿・防水シート(壁用) アクアシルバーウォール
アルミ蒸着不織布だから効果的な遮熱が可能!
アルミ面が赤外線を約75%反射
(※赤外線2500nmの反射率)
アルミ蒸着遮熱シート
室内へ侵入する赤外線量を低減させること、屋外へ暖めた空気を逃がさないことが、冷暖房に使用するエネルギーを抑制し、省エネルギーに貢献できます。
特 徴
■アルミ蒸着層を設けることで、より効果的な遮熱が可能。
■屋内の冷房効率が向上し、省エネルギーに貢献。
■壁体内の湿気を外に逃がして結露を防止。
■外部からの水や風の侵入を防ぎ、断熱材の性能を維持しつつ、住宅の寿命を向上。

(アクアフォーム、アクアシルバーウォール開発元/(株)日本アクア)

家づくりのポイント
  • 家づくりのながれ