安全・安心の住まい Safety

地震大国日本。家を建てる場合、地震に対する安全性を確保することは非常に重要です。法的な基準を満たすことは当然として、新しい技術も積極的に取り入れております。

免震構造などの技術は、住宅以外の一般建築の分野では近年多く用いられるようになってきましたが、戸建住宅などではコストの問題があり、それほど普及していないのが現状です。

今回ご紹介する「AIR断震」は、地震発生時の減衰効果が最も大きく、比較的ローコストで高い安全性を実現できるシステムとして、積極的に導入に取り組んでおります。

エアー断震システムとは

断震=揺れを断つ

空気の力で家を地震から守る。
空気の力を利用して、地震による揺れから家や家具、そして家族の安全を守る新しい免震システムです。

地震が起きた時、空気の力を利用して家全体を浮かせます。つまり、建物と揺れている地面は切り離されるため建物と家具、そしてそこに住む人は地震の影響をほとんど受けずに済むというわけです。

これまでにもいろいろな免震技術が開発されてきましたが、そのどれもが地面と免震装置が接していて、完全に浮いているというものはありませんでした。また、ビルなどの高層建築物や重量建築物などに適しているものや、値段の高いものも多く一般の戸建住宅には問題がありました。高い安全性をローコストに実現するのがこのAIR断震システムです。(AIR断震システム開発元/日本AIR断震システム(株))

AIR断震システムの仕組み

AIR断震システムは、地震センサーが地震波をキャッチするとタンクに貯めておいた圧縮空気を人工地盤と建物基礎の間に瞬時に送りこみ、建物全体を浮上させ地震による地盤の揺れから建物を回避させます。
1.通常時
地震センサーが監視しています。センサーの電源は12Vバッテリーで普段は一般家庭用電源より常時充電しています。
2.地震発生
地震センサーが一定以上の地震を感知すると(設定の変更は可能)瞬時に空気が送られて建物が浮き上がります。
またオプションでP波センサーを接続して大きな地震が来る前に建物を浮かせてしまうことも可能です。
3.地震直後
地震の揺れが止まると今度は位置修正装置により、調整しながら建物を正しい位置に戻していきます。
4.大地震による停電中の余震
大地震などによる停電中でもタンクに貯めてある空気により、大きな地震の後に来る余震にも対応します
AIR断震システムの仕組み
AIR断震システムの仕組み

AIR断震システム よくある質問

Q.性能は?
AIR断震住宅では地震の揺れを1/10以下に、これは従来の免震装置の倍以上の性能です。これは関東能力開発大学研究室において振動実験を行い実証されています。そして、目に見えない家の構造自体の損傷を最小に抑えられるため、AIR断震住宅では建物自体を長持ちさせることができます。
Q.設置条件は?
AIR断震工法は、建築工法を選びません。在来、ツーバイフォーなどの戸建住宅のほとんどのお客様のご要望にお応えできます。また、平屋でも3階建てでも問題ありません。
Q.停電があったら?
通常は一般の家庭用電源から常時充電器を経由し、バッテリーからセンサーへ電気を供給するため、大地震の後の停電時でも心配ありません。
Q.メンテナンスは?
AIR断震システムは、お客様の日常のお手入れなどのわずらわしさはありません。ただし、施工会社による定期的な点検が必要です。お客様と取扱施工店でアフターメンテナンス契約を取り交わしてもらいます。
Q.台風による影響は大丈夫ですか?
平常時は基礎と人工地盤が重なっているので耐震住宅となり台風の影響を受けることはありません。また、その他の免震構法のように台風の後にロックを外したりなどのわずらわしいこともありません。
Q.地震が発生して家が宙に浮いている間、ガスなどの配管はどうなりますか?
ガス、上下水道、電気はフレキシブル配管により損傷しないように設置しますので問題ありません。
Q.地震保険の扱いはどうなりますか?
地震保険は、免震構造で確認申請を行うと最大30%割引になりますが、断震装置は、まだ法整備が行われておりませんので適用外となります。
Q.費用はどれくらいかかりますか?
費用については、AIR断震システム取扱店にお問い合わせ下さい。建物の規模・形状によって費用が変わります。詳しくは、建築予定地の敷地図・平面図・立面図でお見積もりいたします。
家づくりのポイント
  • 家づくりのながれ